前歯の歯並び

部分矯正について

部分矯正について

歯の矯正には、歯の全体に装置をつけて矯正を行う全体矯正と、歯並びや噛み合わせに問題がある、あるいは気になる部分だけを矯正する部分矯正があります。
矯正の一般的なイメージは、「費用が高い」「時間がかかる」というものです。しかし、前歯など気になる部分を改善する部分矯正なら、全体矯正と比較して費用や治療にかかる時間を抑えることができます。
部分矯正は、近年利用者が増えている矯正方法ですが、それだけに医師の技術が問われる治療法でもあります。気になる部分の歯並びを改善し、お口まわりの印象を改善することで、患者様の健やかな生活に貢献できれば幸いです。

どういった方におすすめか

どういった方におすすめか

部分矯正は、文字通り気になる部分の歯並びを改善することです。基本的な歯並びは問題ないけれども、1本だけ前歯がずれているのが気になるといった方におすすめの治療です。
歯並びと一口にいっても、相手の奥歯のほうまで見ることは通常ありません。歯並びの印象は、前歯で決まるものなのです。前歯の印象だけでマイナスなイメージを持たれてしまうことは、とてももったいないことです。


  • 「前歯が1本だけ傾いている」

  • 「歯が少し重なっている」

  • 「 前歯のでこぼこや八重歯が気になる」


このような、ちょっとした前歯の乱れを修正するのに部分矯正は向いています。

また、過去に矯正を行った歯がずれてきていて修正が必要な方にも効果的です。以前抜歯を行った部分をそのままにしていたために、周囲の歯に影響を及ぼしてしまい、歯がずれてきて修正が必要な場合に適用されることもあります。部分矯正によって歯並びの悪さを改善することは、お口まわりの印象といった「見た目の美しさ」の改善にとどまるものではありません。歯並びをきれいに整えることで正しい噛み合わせを実現します。それが口腔内を清潔に保つことになり、むし歯や歯周病などの「病気予防」につながります。さらに顔貌も整い、健康的で美しい口元になるだけでなく、歯の機能を回復させ、滑舌もよくなりますので、コミュニケーションが重視される仕事に従事されている方などにおすすめの治療です。

部分矯正のメリット

☑全体矯正に比べて費用と時間を抑えられる
☑矯正装置を装着している間の生活の不便さや違和感も軽減
☑目立ちにくいので矯正を行っていることを他人に気付かれにくい


さまざまな理由から歯を矯正することをためらっている方は、まだまだ多くいらっしゃいます。しかし、医療技術や機器の進歩により、矯正をあきらめていた方でも気軽に取り組みやすくなっているのが、部分矯正の特徴です。自分には矯正は無理だとあきらめず、一度ご検討いただければと思います。

斉 藤 貴 司

歯が並ぶスペースがないのにも関わらず、歯を無理に並べようとすると出っ歯になってしまうことがあります。また、歯の周囲の骨が薄くなり歯周病になりやすくなるなどさまざまな問題が生じてしまいます。
最近は、白い装置がよくなっているので装置自体が目立ちにくくなってきており、矯正していることを周囲に気づかれる心配もありません。

矯正治療の種類

表側矯正について

表側矯正について

矯正治療といえば、多くの方が金属の装置が目立つものというイメージを持たれているかと思います。歯の表側に装置を取り付けて歯列を整える表側矯正は、数ある矯正治療法の中で最も確立された治療法であり、症例や装置の種類も豊富です。
しかし最近では、セラミックのホワイトブラケット(矯正装置)やホワイトワイヤーが開発されており、表側矯正であってもほとんど目立たちにくい矯正治療を行うことができるようになりました。当院でもセラミックのホワイトブラケットの矯正装置を扱っており、矯正中の痛みを抑え、歯を動かす早さも優れており、装置も目立たないため審美的に治療が行えるなど一番人気の装置です。
ほとんどの不正咬合に対応できることも大きな特徴で、患者様の肉体的・精神的負担も少なく、初めて矯正治療を行う方が比較的取り入れやすい治療法といえます。

舌側(裏側)矯正について

舌側(裏側)矯正について

表側矯正とは異なり、歯の裏側に矯正装置を装着し、歯並びを整えていく治療法が舌側(裏側)矯正です。舌側(裏側)矯正の最大のメリットは、表面上矯正装置をつけていることがほとんどわからないという点にあります。見た目を気にする必要がないため、患者様の心理的ストレスを軽減することができます。また、歯の裏側に矯正装置を装着するため、出っ歯などの原因となる舌で歯を押すクセの改善にもつながります。
舌側(裏側)矯正は、表側矯正より難易度の高い治療です。そのため、歯科医師には高い技術と深い知識が欠かせません。舌側(裏側)矯正を行った場合、表側矯正よりも歯磨きがしにくくなりますので、歯科医師の指導のもとで十分なケアを行うことも大切です。

マウスピース型矯正歯科装置について

マウスピース矯正について

患者様の歯に合わせた透明なプラスチック製のマウスピースを装着し、矯正治療を行う方法です。矯正装置が透明なためほとんど目立たないことが大きなメリットで、段階ごとにマウスピースを製作し、患者様ご自身でつけ外しを行っていただきます。
マウスピースの交換は患者様の歯の状況にもよりますが、概ね2週間ごとに行います。歯の移動が終了した後の保定に、そのままマウスピースをご利用いただくことは可能です。
マウスピース型矯正歯科装置が適しているかどうかは、検査結果によります。表側矯正・舌側(裏側)矯正より弱い力で歯を動かして矯正治療を行うため、適用に制限があることをご理解いただければと思います。

セラミック矯正について

歯を削ってセラミックでつくった人工の歯を上からかぶせ、キレイな歯並びにする矯正治療のことです。自然な白い歯を実現できることがセラミック矯正のメリットです。また、ほかの矯正治療よりも短期間で治療を行えることがメリットですが、セラミック矯正は歯を削る必要があります。
歯は手を入れれば入れるほど弱くなっていきます。歯並びが気になるという理由だけで、天然の歯を削るリスクにつきましてはよくお考えいただければと思います。わからないことがあれば何なりとご相談ください。

インプラント矯正について

インプラント矯正とはブラケット矯正に矯正用インプラント(歯科矯正用アンカースクリュー)を併用して行う矯正治療方法です。通常の歯列矯正の場合、歯を支点にする場合、どうしても引っ張る方向が限定されてしまいます。
インプラント矯正なら、インプラントを埋め込む位置によって、上下左右どちらにも自由に力を加えることができるため大きく重なった歯列や、大きな歯のねじれ、重度の出っ歯や受け口でも治療期間を短く、シンプルな装置で対応できる可能性が高くなります。
矯正用インプラントは、失った歯を補うための「インプラント」とは異なり、矯正治療期間中のみ使用し、治療が終われば外します。

すきっ歯・出っ歯の場合

すきっ歯の治療は矯正ばかりではない

すきっ歯の治療は矯正ばかりではない

「すきっ歯=矯正治療」と思い込みがちですが、状態によっては詰め物で治すことが可能です。見た目が自然かつ長持ちさせる機能面において、審美的に治療することを心がけていますので、ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

推奨する治療法

  • ダイレクトレジン法、セラミックジャケットクラウン、セラミックべニア
  • 歯列矯正

1)の場合は、短期間で治療可能なことが共通点

  • ダイレクトレジン法

    歯を削ることなく治療が可能です。

  • セラミックべニア

    歯を削る量を最小限にして変色のないセラミックで治療が可能です。

  • セラミックジャケットクラウン

    強度が一番高く、歯の形も修正が可能です。

2)の場合は、人工物を使用せずに治療が可能

  • 歯列矯正

    お口だけでなく顔とのバランスも改善することが可能です。また、噛み合わせなどの治療も同時にできるため、歯が長持ちすることが利点といえます。

ご予約・
お問合せはお気軽に

  • 0798-57-2631
  • Web予約はこちら