金属の詰め物が気になる

このようなお悩みありませんか?

このようなお悩みありませんか?

「銀歯がめだってしまうので人前で笑えない」
「外出して友達に会うのも億劫だ」
「身体への金属の影響が気になる」
こんなお悩みはございませんでしょうか。保険診療のむし歯治療において使用されることが多い、銀歯など金属の詰め物ですが、目立つだけでなく金属アレルギーを引き起こす原因となることが、今日では広く知られています。年数の経過とともに、口内の唾液などの影響でだんだん金属がイオン化して溶け出してしまい、体内に吸収されることが主な理由です。こうした現象を防ぐ方法がセラミック治療です。

セラミック治療について

オールセラミック

オールセラミック

芸能人やモデルの方達の影響で、セラミック治療は広まりを見せています。
なかでも金属を一切使用しないオールセラミックが好評です。
オールセラミックのメリットとして挙げられるのは、主に次の4点です。

  • 天然歯のような自然な白さを再現できる
  • 時間が経過しても変色することなく、美しさを保つことができる
  • 細菌が付着しにくいため、むし歯になりにくいのが特徴
  • 金属アレルギーを引き起こさず、歯肉に色素が付着することもない

このように見た目の美しさだけではなく、身体に優しい特徴を持つセラミック治療ですが、セラミックは金属やプラスチックといった歯科で通常扱う素材とはまったく違う技術が必要です。そのため、セラミック治療の臨床経験をどれだけ積み重ねているかということが、安心・安全な歯科治療を受ける上でのバロメーターになってきます。

ジルコニア

ジルコニア

ジルコニアはセラミックに比べ審美性は若干劣るものの白い材料でありながら強度が非常に高く、噛み合わせる力が強くかかる奥歯には破折の可能性があるセラミックよりもおすすめです。
審美性以外はセラミックと同様、変色や金属アレルギーの心配はありません。

金属アレルギーの方へ

金属アレルギーの方へ

金属アレルギーを防ぐために、金属の指輪やネックレスを身に付けないよう気を遣っている方はたくさんいらっしゃいます。しかし、過去の歯科治療で使用してきたお口の中にある金属の詰め物などが金属アレルギーを引き起こしていることについては、あまり気にしていない方もいらっしゃるのが現状です。なかでも銀歯は、長期間お口の中に入っていると唾液によって金属イオンが溶け出し、知らず知らずのうちに体内に蓄積されていきます。
口内炎や歯肉炎などを引き起こす金属アレルギーを防ぐ方法として、メタルフリー治療があります。この治療法は、お口の中にある金属をセラミックなど身体に優しい素材で再修復する治療法です。
金属アレルギーは個人差が大きいだけでなく、病態も多種多様です。なかなか周囲の人に理解してもらえない場合もあります。当院では患者様一人ひとりの症状に的確に対応しながら、治療を進めてまいります。

当院の特徴

メタルフリー治療へのこだわり

メタルフリー治療へのこだわり

当院の院長は、大学院時代から歯科用金属の全身的影響について研究し、歯科用金属のアレルギーと発癌についての研究論文で博士号を取得しています。メタルフリー治療は、院長が歯科医師を志して以来のライフワークともいえる治療法です。
当院では、詰め物やかぶせ物、入れ歯やインプラントなどすべての治療において金属を一切使わずに治療を提供することが可能です。金属アレルギーの方や歯茎の黒ずみが気になる方、お口の粘膜の炎症、その他の金属による全身への害が心配な方は、お気軽にご相談いただければと思います。
※注:すでに金属アレルギーがある方の場合、詰め物をやり直したからといって必ず症状が改善されるかどうかは確約いたしかねます。また、樹脂、セラミック、ジルコニアなど素材にこだわった治療を行っていますが、これらの新素材を希望される場合、健康保険の適用外となりますのでご注意ください。

ご予約・
お問合せはお気軽に

  • 0798-57-2631
  • Web予約はこちら